素敵な結婚式には結婚指輪を選ぶ段階から計画をスタートさせよう

色付きドレスなら

衣装

挙式ムードを高める

ウェディングの際のカラードレスは、花嫁に似合う色を選ぶのが一つの傾向です。実のところカラードレスの人気色は、挙式の季節によっても変わってきます。春から初夏にかけての爽やかな季節には、概してパステルカラーが人気です。女性らしさを満喫出来るピンクやオレンジ、ブルーなどが定番のカラードレスの色となります。一方、秋や冬の挙式で選ばれるのは、大人っぽいロマンティックな色です。季節に合わせることで、より挙式のムードを高めてくれるのがカラードレスと言えます。ホワイト系のドレスだけでは、少し物足りなさを感じる方が意外に多いです。お色直しの1パターンとしてもカラードレスは、役立ちます。花嫁のオシャレ心を存分に満足させてくれるとして、近頃はカラードレスが人気です。

デコルテのケアが必要

ホワイト系のドレスは、ベールやヘッドドレスなどを身に付けるスタイルが多く見られます。デコルテを覆ったデザインもあり、首筋や肩のラインを適度にカバーすることが可能です。このようなカバーが効かないのが、カラードレスの一つの難点に挙げられます。デコルテがむき出しになるデザインが一般的であり、肌がかなり目立つのがカラードレスです。この手のカラードレスを着用する時には、日頃よりデコルテケアを徹底することが必要です。ケアが行き届いていないと、ドレスの効果が半減します。また、色の選び方によっては肌色を悪く見せてしまうこともあるのが、問題です。式場の照明なども考慮して、肌映りの良い色を選ぶことが肝心と言えます。クセのある色は、美しく見せることが難しいのが一般的です。